iphoneで自宅の温度と湿度をモニターできる「Eve Degree」試してみました

公開日:2017/11/13 100 hatenauser

Eve Degree
「Eve Degree」があれば、iPhoneやiPad から自宅の温度と湿度をモニターできます
そして、測定したデータをiPhoneやiPad上のElgato Eveアプリでレポートとして見ることができます

一人暮らしをしていたり、長時間外出しなくてはいけなくなった時とか、
家で留守番している可愛いペットが、今、暑がっているのではないかとか、寒がっているのではないかとか・・・
心配ですよね

また、違う部屋で眠っている赤ちゃんの室内の温度や湿度を、キッチンなどの他の場所からでもチェックすることができて便利です

私の場合は、これからの季節乾燥が気になるので、一日中部屋の湿度を管理したい
加湿器を24時間自動運転にしていて、60%をキープしているつもりだったけど、「Eve Degree」を使ってみて、とっても乾燥していた事に気づきました
確かに加湿器は部屋の隅にあるので、自分が居る場所とはちょっと違うけど・・・
「Eve Degree」は、リビングの自分のそばに置いています
エアコンの風が自分に当たるようになっているからか、温度はちょっと高めです
これも、Elgato Eveアプリのレポートで確認できます

 

設定方法

Eve Degree
箱を開けると本体と取扱説明書が入っています
電池が入っているので、届いたらすぐに使えます


左上の RESET ボタンを押すと画面が表示されます

私の場合、何度も押したのに表示されなくて、電池が切れているのかなとか心配したけど、10秒くらい長押ししたら表示されるようになりました
電池交換した時なども10秒くらい長押しします
電池は CR2450 です

温度と湿度が、ボタンを押すごとに表示が変わります
温度
湿度

これだけだと、ただの温度計・湿度計になっちゃうけど
「Eve Degree」は、iphoneと連携できるので、iphoneでモニターできます

 

iphoneとの連携方法

eve
「Elgato Eve」アプリをダウンロードします
Elgato Eve – Elgato Systems

アプリを起動して「アクセサリを追加」

自動的に検索されるので、「Eve Degree」をクリックします

「Eve Degree」が追加されたら、どの部屋かを設定します

表示させる名前を入力します

標高を設定します

設定完了です

 

iphoneに最初からあるアプリ「ホーム」にも連携しているので、途中連携画面が表示されたら
家のマークのコードをカメラに読み込ませてください
連携されます

 

EveファミリーはHomeKit対応アクセサリで、エアクオリティ、温度、湿度、気圧などのデータを収集します。それらのデータを分析して、ご自宅をよりスマートで、より快適な生活空間へと整えてください。無料のEve Appを併用することで、Eveで収集したデータをすべて表示できる上、HomeKitテクノロジーを搭載するすべてのアクセサリを制御できます。

 

レポートで見る

測定したデータをiPhoneやiPad上のElgato Eveアプリでレポートとして見ることができます

 

Eve Degree
~LCDディスプレイで一目で天候を確認~
Eve Degreeは屋外の温度、湿度、気圧を感知
アルマイト素材を使用し、クールな外観デザイン
LCDパネル搭載で、一目で天候データがわかる
パーソナルな天候データを日、月、年単位で把握
HomeKitに対応しているので、類のない使いやすさと、 先進的なセキュリティを実現
Siriと連係:Siriに尋ねれば、気温や湿度がわかる
交換可能なCR2450バッテリーで長時間駆動
Bluetooth を使用して、簡単に直接接続できるため、 ハブやゲートウェイは不要

 

「Eve Degree」は、温度と湿度をモニターできるだけですが、HomeKitに対応している家電を使えば、いつでも快適な温度や湿度を保てそうです
他の家電も欲しくなりました

 


elgato Eve Degree 温度&湿度モニターの詳細はこちら

 

Apple HomeKitとは、Appleが提唱する家電の管理システムです。
iOS機器(iPhoneやiPad)をハブとして、部屋中の家電を管理することができます。
特長としてHomekit対応製品はSiriから操作することができ、Siriの音声認識を利用して家電を管理することができるようになります。





スポンサーリンク
 
 同じカテゴリのタグ 

同じカテゴリー記事だよ

スポンサーリンク

関連記事

コメント表示

TOP ↑