リップルのハードウェアウォレット Ledger Nano S の設定方法

公開日: 400 hatenauser
スポンサーリンク

ledger-nano-s

仮想通貨 リップルのハードウェアウォレット Ledger Nano S がやっと届きました
Amazonでずっと売り切れだったから、Ledger から直接購入しました
(58.00 € なので Amazonよりずっと安いです)

ヤフーオークションとかで安く売ってる場合もあるけど、大切なお金を保管するものだから、正規のお店で買った方が安心です

公式サイト : Ledger Nano S

 

ledger-nano-s

使い方は簡単です
PCとUSBで接続して、まずパスワードを設定します
もう一度パスワードを入力します
リカバリーのコードを24ワード リカバリーシートに書いておきます
コードを聞かれるので選択します

Ledger ManagerをPCにインストールします
 Ledger Manager

Ledger Manager

Ledger Manager の中から自分の使いたいウォレットをダウンロードします
Bitcoin と Ethereum と Fido U2F は最初から入ってました
なので Ripple をダウンロードします

これで本体の設定は終了です
公式サイト : Ledger Nano Sで最初のステップ

 

PCでの設定
Ledger Wallet Bitcoin & Altcoins をダウンロードします
Ledger Wallet Bitcoin & Altcoins

Ledger Wallet Rippleをダウンロードします
プログラムをインストールします
4

他の通貨も同様です

 

リップルのウォレットを使ってみる
本体の設定を Ripple にしてから、Ledger Wallet Ripple を起動します
ripple

 

ripple2

この画面の場合は接続されていないので、本体の設定を下の図のようにします

ripple1

 

ripple3
ウォレットが表示されました
自分のウォレットに送金できます

他のウォレットも同様です

 

私は本体が1つのものを購入したのですが、本体が2つのものも販売されています
ハード的なものは壊れる可能性があるので、予備に本体はもう1つあった方がいいそうです
後で知ったので追加で購入はしませんでしたが、次に購入する時は予備も購入するつもりです

仮想通貨は取引所やウェブウォレットに預けていたのですがハッキングや不正送金が心配でした
自分の手元で管理していた方がハッキングにあう可能性もないので安心ですね
本体の紛失だけが心配だけど
これから数年かけて少しずつ増やしていきます

 

スポンサーリンク
 
 同じカテゴリのタグ 
スポンサーリンク

関連記事

コメント表示

TOP ↑