ファーストビューと呼ばれるページ(表示させた時にスクロールせずに見える部分)のCSSを抽出

公開日: 100 hatenauser
スポンサーリンク

携帯端末やデスクトップ端末向けのページのパフォーマンスを測定してくれる「PageSpeed Insights
pagespeed2

サイトのCSS がどうしてもレンダリングブロックしている
pagespeed

対策としては、ファーストビューと呼ばれるページ(表示させた時にスクロールせずに見える部分)の CSS のみを、HTML内にインラインで記述して、スタイルシートは後から読み込ませればいい

ずっとどうすればいいのか分からなかったのだけど
やっと解決しました
ファーストビューと呼ばれるページ(表示させた時にスクロールせずに見える部分)の CSS を抽出してくれるサイトがありました

Critical Path CSS Generator

Critical Path CSS Generator

1.2.3 と数字の書いてある順に入力します
1 にはURL
2 には、スタイルシートの中身を全部コピペで入力
3 をクリック
少し時間かかりますが、CSS が抽出されます

抽出されたCSS を全て選択して、「Online JavaScript/CSS/HTML Compressor」で圧縮します

Online JavaScript/CSS/HTML Compressor

css-compressor

Input のところにコピペして、右上の CSS ボタンをクリック

圧縮されたCSS を保存しておきます
これを全てHTML内に記述します
WordPressの場合だと、header.php のスタイルシートが読み込まれているあたり
スタイルシートは削除します
<?php echo esc_url( get_template_directory_uri() ); ?>/style.min.css

footer.php でスタイルシートを読み込みます

これでスタイルシートが後から読み込まれるので、レンダリングブロックはなくなりました
やっと解決しました

 

おまけ
fontawesome も footer.php に移動しました

 

参考 : PageSpeed Insights で100点をとろうというプラグインがありました
「Above The Fold Optimization」

 

ずっと気になっていたファーストビューのCSS 問題が解決してすっきりです
かなり探して見つけたサイトです
サイトの高速化になります
テーマをカスタマイズする時は念の為バックアップをとってからやってくださいね
テーマのコピーを簡単に作成できるプラグイン「Duplicate Theme」が便利です

スポンサーリンク
 
 同じカテゴリのタグ 

同じカテゴリー記事だよ

スポンサーリンク

関連記事

コメント表示

TOP ↑