WordPressの高速化に重要なキャッシュは2種類あった

公開日:2017/08/21 100 hatenauser

WordPressの高速化に必要なキャッシュ

キャッシュにも種類がいろいろあります
・ブラウザキャッシュ
・ページキャッシュ
・データベースキャッシュ
・オブジェクトキャッシュ など

この中で簡単に設定できるのが、
・ブラウザキャッシュ
・ページキャッシュ だと思います
そしてとても重要なキャッシュです

 

ブラウザキャッシュ

ブラウザキャッシュは、Webサイトを閲覧しているユーザーがそれぞれのブラウザにキャッシュされます
CDNを利用すると、ネットワーク上にキャッシュされます

ブラウザキャッシュは、.htaccessに記述しています
.htaccess を自分で変更するのが不安ならば、
「WP Fastest Cache」や「WP Speed of Light」というプラグインがオススメです

「WP Fastest Cache」の設定画面
WP Fastest Cache

「WP Speed of Light」の設定画面
WP Speed of Light

プラグインを使うか、.htaccessに記述するかどちらかですね

 

ページキャッシュ

ページキャッシュは、WordPressはPHPとMySQLを使ってHTMLを作り上げるシステムです
そのファイルシステムに対するキャッシュです

実はこのページキャッシュが一番速さに関係しています
有名なプラグインは「WP Super Cache」「W3 Total Cache」ですが、
何となく使いたくなくて
mod_pagespeedをONにしてみたりといろいろやったけど
なかなか思うようにいかなくて
そんな中、とても素敵なプラグインがありました

「Yasakani Cache」です
Yasakani Cache

「Yasakani Cache」の設定画面
Yasakani Cache

設定もシンプルで、キャッシュのクリアも簡単です
何と言っても、このプラグインは私の大好きなプラグイン
「plugin load filter」の作成者と同じでした
もう迷う理由がありません
「plugin load filter」は、必要なページで必要なプラグインだけを使えるように設定できるという、素晴らしいものです
  ページで必要なプラグインだけを読み込むプラグイン plugin load filter

 

「WP Fastest Cache」はページキャッシュにも対応しています
ただ、モバイルのキャッシュが有料版でしか提供されていません
支払いは一度きりなのでこちらでもいいですね

 

ブラウザキャッシュは、.htaccessに記述して
ページキャッシュは、「Yasakani Cache」のプラグインを使用しています
やっと緑色になりました
Yasakani Cache

ブラウザキャッシュの設定はPageSpeed Insightsで確認できます
ページの表示速度はGtmetrixで確認できます
もっと詳細に知りたい場合はWebpagetestで確認できます

 

mod_pagespeed は、必要な機能をフィルターして使った方が良いようです
まだ勉強中なので mod_pagespeed は現在OFFにしています
  サーバー高速化。Googleが提供している、mod_PageSpeedのインストール。

一年くらい前に高速化したつもりだったけど、見直してみると全然ダメでした
定期的にチェックしないといけませんね





スポンサーリンク
 
 同じカテゴリのタグ 

同じカテゴリー記事だよ

スポンサーリンク

関連記事

コメント表示

TOP ↑